若手学会員活性化プロジェクト

”これぞ超実践知!これまでとは違う視点から統計を考える”

平素より当会の運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
若手活性化プロジェクトイベントについてご案内させていただきます。

  1. 日時:2022年7月16日(土)15:30〜17:00
  2. 開催方法:Zoomウェビナー(現地開催はなし) 参加費:無料
    *ただし近畿地方会会員に限らせて頂きます。
  3. タイトル
    これぞ超実践知!これまでとは違う視点から統計を考える
    ~実際の発表者とともに専門家が分かりやすく解説~
    解説者:大阪公立大学大学院医学研究科産業医学 林 朝茂 先生
    発表者:一般財団法人京都工場保健会      山根 英之先生
    司 会:一般財団法人京都工場保健会      森口 次郎先生
  4. 内容
    皆さん、『わたしも学会に参加し、自分でも発表してみたいと思ったりするけど、統計がよくわからない、まわりに教えてくれる人もいない』と、あきらめてしまうことはありませんか?
    実際に若手活性化プロジェクトで実施したアンケート調査から、産業保健活動10年未満の若手群の8割が“研究の進め方がわからない”という理由で『学会発表が難しい』と感じていることがわかりました。
    そこで、若手活性化プロジェクトの一環として、これまでの統計の研修会とは、ひと味ちがった、より実践的な
    おもしろい研修会を企画しました。
    学会ですでに発表されたテーマをひとつモデルにして、まずは発表者の方からそのテーマの着眼点や目的を解説していただき、疫学のエキスパートである大阪公立大学の林教授から、発表の内容の改良点や疫学・統計学の考えた方などをご解説いただきます。
    ついつい、統計の初めはt検定でしょ!と思いがちですが、ロジスティックス解析を理解すれば眼からうろこ!!日常の産業保健活動の内容を、とても有効な学会発表に結びつけられるんです。土曜日の午後、皆さん一緒に学んでみませんか!
  5. 申し込み方法
    参加申込方法は近畿地方会の会員の皆様へメールでご案内しております。
    (2022年7月8日申込締切)

申し込みのアドレスは PCのアドレスとしてください。
*参加登録をされた方には、申し込みいただいたメールアドレスに事前に資料をお送りします。
何らかの理由で資料を受け取れない方がいる場合を想定し、当日研修内でも配信予定です。

参加時の注意事項:入室後は、参加氏名確認のため、申し込み時の名前をフルネームに変更お願いいたします。

若手活性化プロジェクトメンバー 森口・岩根・濵田・藤吉