大学・部会・研究会の連携プロジェクト

森口次郎、濱田千雅、藤吉奈央子、岩根幹能

大学・部会・研究会の連携プロジェクトとして、大学の社会医学系研究室のご協力を頂き、「研究室訪問」を実施することになりました。
他の学会同様、産業衛生学会も学会活力を維持し発展させていくためには、特に若手研究者の方々に学会の議論を主導して頂くことが強く望まれています。また、産業医・産業看護職・その他の職種の中でも特に若手学会員に研究企画力・遂行力を高めて頂き、自立して活動して頂けるように道筋をつけることも学会活性化には重要です。

「研究室訪問」を通じて、若手研究者同士が知り合い、お互い刺激を受けて他研究者の智慧や発想を自らの研究に活かして頂くことを期待しています。主旨にご賛同頂ける会員の皆様のご協力・ご参加を心よりお願い申し上げます。

第11回 研究室訪問

Zoom配信方式

 今や、産業保健職ではメンタルヘルス対応は業務のうちの多くを占めるようになっています。精神医学の領域は、うつ病、双極性障害、不安障害、統合失調症、児童思春期・老年期精神障害、アルコール依存症、ゲーム依存症、摂食障害など、極めて広く、同じ精神科でも、専門分野によって、診療の状況も変わってきます。井上先生は関西において、産業精神医学の第一人者として、有名でとても分かりやすいご講義と、定評のある先生です。
 先生方自身も、企業において産業医や嘱託精神科医として日々、ご活躍されておられます。
 今年度から若手活性化プロジェクトでは、産業保健のビギナーの方にも興味を持っていただける内容をお届けする予定です。一方、産業保健のエキスパートの方にもご満足いただけるよう交流時間を30分も取って頂きました。職場では、これまで通り、もちろん古典的なうつ病も見受けらますが、職場環境に適応が難しくなった気分障害や発達障害傾向を持ち合わせたメンタルヘルス不調も目立っています。また、嘱託精神科医のご助言と産業医の意見がミスマッチすることもあるかもしれません。井上先生より、興味深いお話がきけることでしょう!

訪問研究室:大阪市立大学大学院医学研究科 神経精神医学教室(井上幸紀 教授)

日 時:2021年10月7日(木)18:00~20:00

方 法:Zoom配信のみ(現地開催はなし)
9月末をめどに参加ZOOM IDを申し込みいただいたメールアドレスにご連絡させていただきます。

参加費:無料

内容の一部(仮)
1)神経精神医学教室のご紹介~産業保健との交わり~  教授  井上幸紀先生
2)うつ病と就労                   講師  出口裕彦先生
3)ストレスチェックと職業性ストレス         准教授 岩﨑進一先生
*講義終了後、交流時間として30分程度

各先生の専門分野
井上教授  ・産業精神医学、精神疾患の生物学的研究、軽症うつ病
岩﨑准教授 ・産業精神医学、神経症性障害、ストレスの生化学・生物学的研究
出口講師  ・産業精神医学、うつ病、双極性障害


参加申込み

    第12回 研究室訪問(予定)

    Zoom配信方式

    訪問研究室:京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
          国際保健学講座 社会疫学分野(近藤 尚己教授)

    日 時:2022年2月4日(金)15:00~17:00

    テーマ: 詳細は未定ですが、教室の研究内容のご紹介と意見交換を行う予定です。